経験者が語るパイプカット手術の方法や痛みについて

妻と4人の子供を持ち、一家の大黒柱となって毎日汗水流して働いております。
家庭では良き父親、職場では頼れる上司を演じているとどこかで生き抜きをしたくなるもの。
僕の息抜きは5名の体だけの関係の彼女とデートとセックスを楽しむことです。
ところが羽目を外して遊びすぎたせいで、一人の彼女が妊娠してしまい責任を取るかたちでパイプカットをすることになりました。
パイプカットは大学病院の泌尿器科で日帰り手術で簡単に受けられることを知ったのでさっそく医師の診察を受け、手術日を調整することになりました。
パイプカットをする事で男の機能が失われるのでは無いかと不安でしたが、精子を体外に出さないように管を切るだけで勃起不全にはならないと医師から説明をしてもらい安心しました。
手術当日は自分の足で歩いてオペ室に入り、陰茎周辺に麻酔を行なう局所麻酔のみだったので痛みは無くとも何か触れているという不思議な感覚でしたが約15分という短い時間でパイプカットは終了しました。
麻酔が切れた後は、縫合された部分に若干の痛みはあったものの、鎮痛剤を飲めばすぐに痛みは治まり苦痛はまったくありません。
パイプカットをしたことで、これからも男としての遊びを満喫していきたいです。

パイプカットの手術にかかる値段

子持ちで40代ともなると、学費など様々な面からこれ以上子供を作るのは無理だと思う機会が多くなります。
けれどもまだ性欲があるので、避妊をしなければいけません。
避妊は面倒ですし、もしゴムが外れてしまうこともあるので確率は100%ではありません。
そこで妻と相談してパイプカットを行うことにしました。
わざわざ避妊のために手術を行うのも抵抗がありましたが、実際に調べてみるとパイプカットにかかる値段はそれほど高くありませんでした。
おまけに高い避妊効果があるので、家族計画の面からも安心です。
さっそく行きやすい場所にあるクリニックに行くと、先生が説明をしてくれ、その場で手術の予約をしました。
こわいイメージのあるパイプカットですが、実際の手術時間は10分ほどで麻酔や説明などを入れても1時間で終わりました。
費用は7万円で、これでゴムを買わずにすむのなら安い値段だったと思います。
術後の痛みもほとんどなく、シャワーも翌日から浴びることができて日常生活にすぐ戻ることはできました。
日帰り手術で、思ったよりも簡単にパイプカットできたのも良かったです。
今では治療した跡も目立つことなく、いつも通りの生活ができるようになりました。

パイプカットにかかる手術費用は?

パイプカットをする上で、とても気になるのが手術費用ではないでしょうか。
何かしらの理由により男性避妊手術であるパイプカットをせざる負えない時に費用は大きな問題となります。
どこのクリニックで手術をするのかなどによって変わってくると思いますが、平均的な相場としましては20万円前後が多いようです。
安い費用のクリニックであれば5万円、高いところで30万円と幅がありまして、内容によっても変わってくるはずです。
人によって体質もかわってきますし、オプション選択もありまして、クリニックによっては手厚いサポートやアフターフォローがありますので、そこで大きな金額の差になってくるでしょう。
何故、そこまでパイプカットの手術費用で大きな差が開いてしまうかと言いますと、自由診療になりますからクリニックによる差が出て当然なのです。
治療内容や施術の方法もそれぞれ異なりますし、それらにより金額が変わってきます。
ですからパイプカットをしたい時に金額だけではなく、どのような方法で行なうのかなどの中身も大事となってくるのです。
当然ですけど保険は利きませんから全額負担となり、パイプカットをする時は大きな負担となりますので注意しておきましょう。

確実な避妊ならパイプカット手術を

幸いにも子宝に恵まれ、うちはもう打ち止めかなと思ったら今度は授からないような対策が必要になりますよね。
けれどもその都度行うのは面倒だし、計算して安全な日を選ぶのも確実ではないらしく自分の周りでも失敗してしまったという家庭もあります。
もちろん、子どもが生まれるのは喜ばしいことですが経済的に大変だとか、奥さんの身体も心配になるので、思い切って避妊手術を考えるようになりました。
避妊手術と言っても、女性ではなく男性が行うパイプカットの方で、できるだけ奥さんに負担をかけないようにしたいわけです。
しかし、パイプカットというと女性からしてみれば男性の浮気が心配だという気持ちもあるようで、その辺は夫婦でじっくりと話し合う必要があるのかもしれません。
パイプカット手術に関して言えば、受けるなら条件があるそうで子供が1人以上いて配偶者の同意も必要なのだそうですよ。
だから、やっぱり浮気の心配があるのなら奥さんの反対で受けられなくなるかもしれないですね。
経過が良ければ手術の当日から普通に生活することが可能だし、仕事をしてもかまわないのだそうです。
確実に避妊できるかは、術後にちゃんとチェックしてもらえるので、後になって慌てることはもちろん無くなるから安心ですね。